四日市市 歯科 歯医者 口臭外来 浅野歯科
四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科
四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科
定期健診
予防歯科
審美歯科・ホワイトニング
口臭外来
歯周病
 
義歯・インプラント
顎関節症・マウスガード
ドライマウス・いびき対策
金属アレルギー    3MIX法など
摂食障害・歯科恐怖外来 嘔吐反射外来
その他 トピックス
四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科
医院概要・地図
つれづれ独言
四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科
リンク集

四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科
四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科
   ドライマウス・いびき対策

ドライマウス(口腔乾燥症)について
こんな症状ありませんか?

・口の中が乾く          ・唾液が出ない

・口の中がネバネバする    ・口臭が気になる

・食べ物が飲み込みにくい   ・舌や唇がひび割れてヒリヒリする

・舌がもつれて話しづらい    ・義歯が擦れて痛い

・味覚がおかしい         ・口唇がひび割れる


欧米では、約25%の人がドライマウスの症状を訴える、という報告があります。

日本での報告は、原因として、代表的なシェーグレン症候群は8%前後で、ほとんどは生活習慣や
その他の病気が起因している、とされています。

つまり、ドライマウスは、”今、からだに異常があるよ”、というサインを送ってくれている、
とも言えます。
 

   【原因】
  ・生活習慣・・・不規則な生活、タバコ、よく噛まない食生活等で唾液の分泌が低下します。

  ・ストレス・・・自律神経のバランスが崩れ、唾液の分泌が抑制されます。

  ・糖尿病や甲状腺などの代謝障害・・・ドライマウスの傾向があります。

  ・シューグレン症候群・・・自己免疫疾患で唾液だけでなく、涙の分泌量も極端に低下します。

  ・薬の副作用・・・抗精神薬や隆圧剤など薬には、唾液を減少させるものがあります。

  ・更年期・・・自律神経の乱れや女性ホルモンの分泌量低下で、唾液の分泌が減少します。

  ・加齢・・・年齢と共に唾液の分泌能力が低下します。

  ・病気・・・ガンの放射線治療によって、唾液分泌する組織が破壊されることがあります。

  ・この他にも、口呼吸、発熱、過度の喫煙、飲酒などが挙げられます。  
 

   【ドライマウスに起因する病気】
  
   ドライマウスで、唾液が減少すると、口の中の細菌が増えて、いろいろな病気の原因になる恐れが
   あります。

   *う蝕、歯周病・・・唾液の抗菌作用や歯の石灰化作用が減少して。

   *舌痛症・・・ムチンなどの潤滑作用が失われて、歯や粘膜に擦れて。

   *粘膜疾患・・・唾液中のムチンなどの潤滑作用が失われて。

   *口臭・・・唾液で洗い流されなかった細菌が繁殖して。

   *摂食、嚥下障害・・・食べ物を溶解して、嚥下を容易にする作用が失われて。

   *カンジダ症・・・口腔乾燥によってカンジダ菌が発生、発症。

   *上部消化器障害・・・病原菌から身体を守る、唾液中の抗菌因子(IgA,IgG,ラクトフェリン、
     リゾチームなど)や消化酵素(アミラーゼ、リパーゼ)の働きが悪くなって。
      ・・・じつは、お口は胃や腸と同じ消化器なのです。・・・

   *誤嚥性肺炎・・・口腔乾燥によって多量に繁殖した歯周病菌が肺に入って。

   ほかにも、味覚障害や発語障害、老化の促進などいろいろな不具合がおきます。

   【対策】
  シェーグレン症候群なのか、薬の副作用なのか、唾液腺障害なのか、
  その他の原因によるのか、検査によって鑑別診断が必要です。

  口腔乾燥度、刺激唾液流、涙液量検査、カンジダ検査、鼻閉塞検査
  など、歯科と医科の連携した検査が、必要な場合があります。

  ○洗口剤・・・アルコールを含まない保湿効果のあるもの

  ○保湿装置・・・マウスピースに保湿ジェルを塗って、夜間使用する

  ・唾液促進剤・・・シェーグレン症候群の場合のみ保険適応

  ・抗真菌剤・・・カンジダ症に

  ○義歯の洗浄・・・カンジダ菌対応の洗浄剤で清掃

  ○マッサージ・・・唾液腺開口部を刺激、マッサージ

    対策の”○”は、当院でも対応しています。

  原因がわかっても、加齢など、完治がむつかしい場合が多いです。

  現在では、上記のように対症療法が主流です。


  日常生活を楽にするために

  ふだんから飲み物を持ち歩き、口の中の湿潤を保って、

  歯磨きやうがいで 清潔にすることが第一歩です。


四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科

いびき・睡眠時無呼吸症候群(OSAS)について
いびきをかいているのは眠りが浅い証拠です。

その代償として日中の眠気をもたらし、仕事の能力低下や居眠り運転など、

社会生活にさまざまな支障をきたします。


   思い当たるところがありませんか?

  1. 日中とても眠い

  2. 十分に眠ったという満足感が無い

  3. いびきや呼吸の停止がある

  4. 朝、喉の渇き、頭痛を感じる

  5. いびきの音で家族に迷惑をかけている

   治療法
  耳鼻咽喉科や歯科で色々な取り組みがあります。
 
  【耳鼻咽喉科】

  ・CPAPと呼ばれる鼻マスクをつけ、
   眠っている間中、陽圧空気を送り続ける装置をつける。

  ・UPPPという、のどちんこや軟口蓋の
   肥大した部分を手術で切除する。

  【歯科】

  睡眠時にスリープスプリントを装着する。

  【正常な場合】
  気道はしっかり通っています。
  ※右図:上

  【いびき症の場合】
  奥に沈んだ舌根が、気道を塞いでしまい、
  呼吸が妨げられます。
  ※右図:中

  【スリープスプリントを入れると】
  スリープスプリントは舌を持ち上げ
  気道を広げるので、呼吸がしやすくなり、
  いびきの改善にもなります。
  ※右図:下

 
四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科

   スリープスプリントの特徴
  ・小型なので、旅行出張に持ち運べる。

  ・CPAPや手術に比べて楽で負担が少ない。

  ・歯型を取り、次回出来上がり、
   調整を含めても、通院回数が少なくてすむ。

  ・口にはめるだけで効果が出る。


  【スリープスプリントが不向きの方】

  ・鼻呼吸が出来ない、咽頭肥大が著しい方。

  ・神経質で寝付きの悪い方。

  ・18歳未満、または歯の数が20本以下の方。

  ・歯がぐらついていたり、顎関節症の方。


 
四日市市 歯科 歯医者 浅野歯科

 
TOP PAGE定期検診予防歯科審美歯科・ホワイトニング口臭外来
歯周病義歯・インプラント顎関節症・マウスガードドライマウス・いびき対策
金属アレルギー・ムーシールド摂食障害・歯科恐怖外来・嘔吐反射外来
医院概要・地図コラムリンク集

            COPYRIGHT(C)2007 浅野歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.